bluemoon

ただの主婦です(*´ω`*)嵐とねこと日々のことを書いてます。人見知りだけど繋がりたい。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

にのあいメインでお届けします

0   0

VS嵐    2012.11.22



大野さんのお誕生日の件

あと4日間、お母さんのことを考えて過ごすんだって
お決まりのセリフだけど、やっぱりほっこりする~
家族を大切に思えるって、素晴らしいことだと思うし。
今年は私も何か、ケーキ買ってきて密やかにでもお祝いさせてもらおうかな


で、誕生日プレゼントの件

ニノちゃん「(相葉さん)ふざけんじゃないよ」
相葉さん「お前に言われたくない」

相葉さんって、ニノちゃんにはお前呼びするんだよね~
それになんだかキュンとする私(笑)
にのあいの絆は、山と違った形で安定感があるよね
幼馴染のような、兄弟のような。
山はお互いがリスペクトし合ってる感じの安定感だけど、にのあいは、基本お互い若い時から一緒にバカやってきたノリのままで、
そのまま大人になってる感じ
気遣い屋の相葉ちゃんが「お前」呼びできる相手って限られてる気がするし。
いつもはニノちゃんが突っ込んで相葉ちゃんが受け入れる形が多いけど、たまに相葉ちゃんが「お前~」呼びで攻撃するところに激しく萌えるひまわりです(笑)


今日の嵐の衣装は赤しばりなのかな?
今回のポイントは・・・何といってもニノちゃん!

あなた実は女子ですか?
そのゆるゆるの萌え袖、後ろに流してふわっとした髪型~~~
いるいる!こんな女子いるよ!
かわいすぎるから~~~
超似合ってるのがまたビックリ
スタイリストさん・・・いつもながらすごいのチョイスしてくるよねww

松潤の赤カーディガンもカワイイ♪
ちょっと袖長めなのがいいよね
安くて売ってたら私も欲しいなあ








ひみつの嵐ちゃん    2012.11.22



ゲスト:井上真央さん

今回はにのあい~


相葉雅紀のホラー話、最後まで聞きたかった
電動歯ブラシが糸を巻きこんじゃって、大流血的な!?
ギャーーー


とか思ってたら、ニノちゃんがゲストと登場~


チームピリリの件

相葉ちゃんが人みしり~
私もあんまり気づいてなかった
人見知りというか、すっごくいろいろ感じて気を遣っちゃう人っていうのは感じてて、
初めての人とは距離感とかいろいろ考えすぎちゃっていきなり距離を詰めるのは苦手ってことなのかなって思ってたけど
あ、それを世間では人見知りというのか(爆)
人一倍の優しさの裏返しってことだろうから、悪くないでしょ。今のままでいいと思います、相葉ちゃん


それとね。私、普通に疑問なんだけど、けん玉って普通にみんな経験してきてるものなの?
いや私ね、今まで生きてきた中できちんとけん玉と触れ合ったことってなくって。(←きちんとって 笑)
ひみあらで、けん玉の出場率結構高くないですか?

だから私、けん玉の基本的な技とかぜんぜん知らないし、ルールもわからなくって。
今回の技するときも、振る前に一回玉をくるっとまわしてからけん玉振ってるよね。
あれはああいうルールなのかなあ?



マネキンマストアイテムの件

今回はもう、自分的ランキングでは
1位 ニノちゃん
2位 相葉ちゃん
でした

これはね、完全にデートを妄想した結果なんだけど(笑)
私自身は普通のかっこしかできないから、オシャレだけど頑張りすぎてないオシャレって感じでニノちゃんくらいがベスト♪
チェックシャツの重ね着、二番煎じとか言われてたけど、上のシャツのチェックの中の一色を中のシャツのメインの色に持ってきてて、見ためすごくキレイな色遣いに見えたんだよね♪
楽しくデートできそう

相葉ちゃんは、相葉ちゃんだから似合う服って感じね
相葉ちゃんスタイルいいし、なに着せても基本的に似合うからうらやましい~
スタイリストさん楽しいだろうなって思うもん
でもデートで着てこられたら、私も相当頑張ってコーディネートしてこなきゃいけない気がして、ちょっとしんどいかも(笑)
ただ見てる分にはすごくいいんだけどね~



今週のアラ木は、にのあいメインでお届けしました~





関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bluemoon1126.blog.fc2.com/tb.php/45-2be3ae27
該当の記事は見つかりませんでした。