bluemoon

ただの主婦です(*´ω`*)嵐とねこと日々のことを書いてます。人見知りだけど繋がりたい。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

THE DIJITALIAN ツアー 福岡2日目(11/15)参加しました(*´ω`)~オープニング~

0   0

THE DIGITALIAN ツアー福岡!!!!!

行ってきました!!!!!

幸せすぎました。そして楽しすぎました(*´Д`)


ライブは最高!
そして福岡で予定していたところも全部廻れてミッションコンプリート(≧▽≦)だったし♪




そして興奮しすぎたためか、帰ってくるなり翌日体調崩してぶっ倒れまして(爆)
記事の更新が遅くなりまして大変申し訳ございません(爆爆)




やっと起き上れるようになったのでブログ書いてますが(爆)
そんなこんなで時間が経ってしまい、もともと極少キャパにぎゅうぎゅうづめに収めていた私の記憶がさらに残念なものになってしまい・・・(;・∀・)



それでも記憶の限り書いておこうと思ったんですが、
中途半端に間違ったこと書いちゃってもいけないしな~とも思い直し・・・


こうなったらレポではなく感想ってことでも良いかなあ?なんて思ったり(笑)
極少キャパの中でも残った記憶ってのはそれだけインパクトの強い記憶だったとは言えると思うので(言い訳)


ですので。レポは諦めまして(爆)、もう私の個人的な感想ということでご容赦くださいませ(爆)






今回のライブ、今まで「嵐のコンサートはこういうもの」って思われていた部分とか、
ある意味みんなが嵐コンの常識と思ってた部分などをひっくり返すようなね。
攻めと気概、16年目からの一歩を十分感じてきました( *´艸`)



まずファンライトの存在がね!

もうみなさん、いろんな方のレポでご存知かと思いますけど、
あれ、カタチも大きさもほぼうちわです( *´艸`)
表にメンバーのサインと、裏がライトになってます。


自分でも色を選択できるし、自動制御でいろんな色にも光るんですけど、
自動制御中は自分で選択できない色にも光るし、ものすごく速く点滅したりするのです。


会場で自分が演出の一部になる感覚、これがデジタリアンワールドへの誘いかあ・・・と感じてきました。


行かれる方はぜひ!体験してきてください!
デジタリアンエリアの設定の件はいろいろとあったようですが(特に初日)
どうにかして頑張って設定してから入場することを強く強くお勧めします(≧▽≦)





私は2日目に入らせていただいたんですが、
初日のレポは、セトリのチェックくらいでほぼネタバレなしで挑んだため、


そういう・・・なんというか自分のなかの心の準備的なハードルをらくらくと超えてくる演出が続いたために、
どうやらキャパオーバーになった模様(爆)


これから行かれる方々におかれましては、気を強く持って、斬新な演出にも動揺しない精神力を持って臨むことをお勧めします(爆爆)




そして座席が1塁側スタンド、中段やや上、といったところでしょうか。
演出を真横から見るような感じでしたので、なかなか斬新な見え方でした(笑)


肉眼で細かくパフォーマンスを追うのはちょっと難しかったかもな~
だから主に雰囲気を追ってた感じですし、詳細なことは見えてません(笑)
どうしても見たい箇所は双眼鏡使いましたけど、できるだけ生で見たかったんですもん(笑)




ドーム内に入った第一印象・・・いつも以上に、照明の主張の強い空間だなって感じました。
照明の光の筋がくっきり浮かび上がる感じが、デジタリアンのイメージにぴったり。


まずステージの配置がこれまた今までにない感じになってて。



メインステージから一段下がったとこがセンターステージになってて。
センターステージとバックステージとの間に何もない空間(いわゆる客席のみの空間)があるんですよ。
そしてセンターから通常4本はありそうな花道が今回は2本しかなくて。



そうなるとなによりまず、どうやってセンターからバクステに移動するんだ??
一体何が始まるの???っていうワクワク感で溢れそうになりながら待つこと15分程度。



ファンライトのスイッチをオンにしてくださいってモニターに表示が出たのでオンにしますと。


一斉に客席から溜息と歓声がね、思わずもれちゃうような。
すごく、キレイとしか言えないけど、そんなものじゃない、


照明もだしセットの雰囲気もデザインもシャープで、でもそこに私たち観客、そして嵐さんが入ることによってヒューマンを演出する。
空間全体の色味がデジタルを思わせる空間なんだけど、私たちもそのセットの一部として参加してる感じでした。
まさにデジタルとヒューマンの融合、目指したかったところ演出できてたんじゃないかな?( *´艸`)


だからね、なんか最初の自分の心の立ち位置からしていつもと違ったからか、
いつも以上に心のなかがわちゃわちゃしちゃっててまとまりがつかなくって(笑)



メインステージ横に、これはモニターかな?と思われるものがあったんですが、

嵐さん5人が上半身裸で、何か寝転んでる画があらわれて。
そこでとりあえずぎゃふん( *´艸`)じゃないですかー(爆)


さらにそこに5つの色分けされた数字が出てたんですよ。

だいたいどの数字も100前後・・・
で、微妙に、数字は変化していて。

増えたり、減ったり・・・

これはなんだろう?と考えていたんですが・・・
途中ではたと気づく私。


この変動する数字の幅の感じ、メンバーのリアルな心拍数なんじゃないか?って。(3日目のMCでそのような発表があったようなので予想的中( *´艸`))


デジタルとヒューマンの融合・・・
確かに心拍ってデジタルなものには存在しないですもんね( *´艸`)


ちなみに大野さんは100くらい、1曲目スタートしても120いかないくらいだったと思う。
踊っても歌っても心拍変わらない、安定の大野さん♪
この程度じゃ乱れないよ、ってこと?( *´艸`)

ちなみに翔さん、はっきりとは覚えてないけど、なんかやたらと心拍低かったです(笑)



そうこうするうちに花道の先っぽに用意されていた椅子?(のように見えたけどよくわからない、デジタルチックなもの)
急に光り出したかと思えば、そこからなんだかよくわからないままに、人間?ロボット?のように動き出す物体があり。

ゆっくり、ゆっくり動き出し、センターステージに向かう、それ・・・


結局、それがなんだったのかわからないですが、何か不思議なマジックを見せられてるような感じを受けて
頭?????になってるあいだに、

5人がメインステージに登場!!



1曲目 Asterisk、うんやっぱり一曲目だよね、これは予想通り♪
2曲目 早くもTake Off!!!!には早い!!ってちょっとビックリしたけど(笑)
3曲目 Wonderland

Take off!!!!!だったか、Wonderlandだったか・・・とにかくこのあたりで、
センターステージから切り離されるかたちで、ムビステの巨大版のようなステージ登場!
バクステに向けて動き出します。

なんか圧巻・・・(*´Д`)
なにこの、合体したり離れたり、SF映画とかにでてきそうなやつじゃん(*´Д`)


この巨大ムビステが何回か登場して、そのたびに観客の皆さんの頭上を通過していくんだけど、
下から見た方、どんなだったのかなあ~感想聞きたいなあ~( *´艸`)







長くなるので一旦切りまーす( *´艸`)










いつも応援ありがとうございます。更新の励みにしています(^^ゞ
ブログランキングならblogram


FC2Blog Ranking

にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ
にほんブログ村 
関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bluemoon1126.blog.fc2.com/tb.php/397-7f6bab52
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。