2012_11
14
(Wed)00:05

静かな興奮

明日から京セラでグッズのプレ販売・・・
そして金曜日にはもう初日・・・

ほんとあっという間でしたね。

アラフェスからここまでなんだかアラシゴトが爆発しすぎててずっと突っ走ってきた感じ・・・どんなんだったか、なんだかいっぱいいっぱいで記憶があやしい部分が多々あり(爆)

でも一つ言えるのは・・・すごく楽しませてもらってるってこと。

会いたいのに会えないっていうね、切なさはもちろんあるんだけど。
いつの日か会いたいっていう気持ちも変わらないけど。



今は、なんだか静かに興奮しながら初日を待ってる自分がいます。

無事今回参加できるアラシックのみなさん、ぜひコンレポを~

私みたいな切ない気持を抱えたアラシックが少しでも癒されるように助けてください(笑)
大野さんのソロ、どんなだろ~








ふふ(笑)
では、ちょっと気分を変えて




実は今年の3月から5月にかけて、私かなり自由な時間がありました。
おそらく人生最初で最後の超長期休暇と言えるくらいの。
で、当時サトシック歴は半年ちょっとだった私ですが、念願だった「智を巡る旅」に出かけちゃいました

当時はブログを始めることなど考えていなかったのでそれ用にいい写真が撮れているわけではないのですが、
せっかくなので自分の記録用という意味も込めて記事にしてみようかと思います。

まあ、長くなるのでいくつかに分けてさせてもらおうかと。








4月某日。
まず香川県直島へ。

ここは、大野さんの作品集「FREESTYLE」の発売日に訪れた島で、島全体がアートなんです♪

岡山県では他に大野さんの足跡を巡れる場所なんてホント全くないから、ここが唯一近県で大野さんの足跡が辿れる場所。

とある雑誌の記事。
2008年の嵐IZUM。
もちろん私はリアルタイムでは見れてないのですが、オークションで運よく見つけて、切り抜きを落札しましたよ♪

だってこんなに近くに大野さんが来てくれたんだったら、その記事ちゃんと読みたいじゃな~い



岡山県玉野市の宇野港からフェリーが出ていて、そこから乗り込みます。
香川県側からも同様にフェリーが出ているので、四国在住の方はそちらから♪

実は嵐さんのことを認識する前にも一度訪れたことあったんだけど、その時には回りきれなかったところもあったんで、もう一回行ってみたいとは思ってたんですよね♪
2回に分けてすべて回ったって感じなので、順不同で紹介します♪


直島までフェリーで20分くらいかな?


島での交通手段はバスか自動車か自転車。
歩いて回るのにはちょっと山道とか距離もあるので、可能なら車のほうがいいかもしれないですね~


島に到着してまず目に入るのは、赤かぼちゃ
毎日フェリーをお迎えしてお見送りしてる島のシンボル

kabotyo.jpg




まずはあの有名な建築家、安藤忠信さんの設計の地中美術館へ

ここ、すっごく素敵で癒されました

建物のほとんどが地中に埋もれてる感じなんだけど、不思議と地中って感じがしないの。
全体的に白い建物の中に上手い感じに自然光を取り入れてます

入ってしばらく行くと足元に石が敷き詰められてるんだけど、、これもどうやってこんなに敷き詰めたのか、つい観察したくなった(爆)

そして自分が今建物のどこの地点にいるのか、上なのか下なのかちょっと迷子になりそうな感覚になるので注意ですww



印象的なのをいくつか・・・

どうやって建物の中に入れたのかわからない「GANTZ玉」(←って勝手に名付けたけど、ほんとそっくりだから 爆)
かなりの大きさだし、真っ黒でつやつやしてて、ちょっと押したら転がりそうなくらい。
ほんとにどうやって作ったんだろう~



それから・・・

ただの白くて四角い部屋に見えるんだけど天井は四角く開けてて、そこから空が見えて光が入ってくる・・・
時間とともに日の当たり具合が変わってきて、体中で時の移り代わりを感じられる「オープンエア」

すごく静かで荘厳で・・・時間の感覚がなくなる不思議な空間で・・・

目をつぶって静かに座ってるとホントに気持ちよくなっちゃって・・・いつの間にか寝そうになってた。

大野さんも「何時間でもいられる」ってコメントしてたけど、ホント私も何時間でもいられるって思いましたよ。
時間なかったからあんまり長居できなかったのが残念★


そして・・・

壁に穴が開いてて中に空間があるの。目の錯覚を利用したアート・・・「オープン・フィールド」

これは説明するのがすごく難しいので、ぜひ皆さん自分で体験してみてほしい
思わず小声で「えっえっマジで!?」みたいに言っちゃうはず(笑)




それから、大野さんが泊った「ベネッセハウス」
宿泊施設と美術館が一緒になったみたいな建物です

残念ながら私は宿泊はしていないのでな中のアートは見れなかったんだけど・・・
代わりにこんなの♪

大野さんが座ってたオブジェ♪

naosima5.jpg

naosima4.jpg
ちゃんと本に文字がかいてある(笑)


4つの建物に分かれているらしいので、どこに泊るかによってまた違った楽しみがありそう♪

記事の感じだと、、大野さんは一番海に近い建物に泊ったのではないかと思うんだけど・・・
遠方からの方はぜひ♪泊ってみてくださいね


そして有名なベネッセハウスミュージアム

山の上にあるんだけど、港からだと結構距離もあるので車やバスで直行しちゃう人も多いんだけど・・・

そこにたどり着くまでの海岸線にたくさんのアートが屋外展示されてるので、ぜひ車やバスを使うのではなく歩いて行っていただきたい!

大野さんが座ってた↑も、ここにたどり着く間にあります。

他にはこんなものも

naisima6.jpg



たまにはゆっくりのんびりと・・・アートや景色、空気、花、吹く風や海の香りを感じながら歩いてみる・・・ってのもいいですよ

naosima1




書きすぎちゃった~(爆)

やっぱり長くなりすぎたので続きはまたにしまーす











関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック