bluemoon

ただの主婦です(*´ω`*)嵐とねこと日々のことを書いてます。人見知りだけど繋がりたい。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

死ぬことと生きること@24時間テレビドラマ

0   0

「今日の日はさようなら」

サトシックの皆さんはもうご覧になられましたか?




感想、書こうかどうか迷ったんです。
あまりにも深くって、書けば書くほど自分の悲しさが募るから・・・



だって、実話なんですよね。

どんどん治る確率が減っていって、少しづつ死に向かわされていくって・・・
そりゃやつあたりもしたくなるでしょうし、当然ですよね。



離れていった人たちも責められない。
どんな顔して傍にいたらいいのかなんてわからないよ。




ワタクシゴトですが・・・今、うちの父もガン闘病中なので。
再発して全部で3回手術してます。
運よく手術できる状況でしたので手術して、今は普通に元気にしてますけど・・・
次の再発があったらわからないし、きっと完治はないだろうという覚悟はあります。



考えたくないけど・・・いつか。
もしものことがあったら。

私は家族としてなにがしてあげられるのか?


・・・っていうそっちの目線と、



自分もいつか必ず通らなければいけないその道を通る時、なにを思うだろう?
どうしたいって思うだろう?



今想像してみて思うのは・・・やっぱり、ひたすら怖い。

死ぬってどういうことだろう?
なにもなくなるってどういうことだろう?


それを受け入れて死に向かった耕太君は、本当に強い人だったんだなと思います。



ちゃんと死ぬということ・・・
それはきっと、ちゃんと生きるっていうことと同義だと私は思ってます。


死の向こう側になにがあるのかなんてわからないけど、
自分がちゃんと生きた、って言える生き方をするしかないのかな~・・・って。






最期の覚悟を語る大野さんの、泣きの演技は、やっぱり圧巻で。
静かだけど、だからこそかな?

もらい泣きが止まらなかったよ・・・









ドラマが終わって、大野さんが画面に映ってほっとしました。

山田君の演技も良かったですね♪
途中まで、ある意味怖い演技が、逆に役柄とあってて良かった♪



そして去年同様・・・ドラマの後にしやがれを持ってくるのはやめていただきたい(爆)
感情がついていけなかったよ~(笑)








いつも応援ありがとうございます。更新の励みにしています(^^ゞ
ブログランキングならblogram


FC2Blog Ranking

にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ
にほんブログ村


関連記事
スポンサーサイト

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bluemoon1126.blog.fc2.com/tb.php/211-398fe889
該当の記事は見つかりませんでした。