bluemoon

ただの主婦です(*´ω`*)嵐とねこと日々のことを書いてます。人見知りだけど繋がりたい。

In one of the stars I shall be living. In one of them I shall be laughing. And so it will be as if all the stars will be laughing when you look at the sky at night.

+アクトミニの大野さんが儚すぎる

2   0

こんばんは!ひまわりです





FC2ブログの調子がおかしい
最近夜になるとサーバーが混み合っててアクセスできませんとかになる(怒)
ちょっと~!
今書きたい気分!ってときに書けないと辛いんですけど




そんなわけで遅ればせながらのアップですが・・・

+アクトミニ、昨日ようやく我が家にも届きました♪


大野さんたら、儚げで美しすぎて・・・もう・・・

大野さん表紙の雑誌は、普段は新しいもの買ったらまず私の定位置のまん前のマガジンラックに立てておいて、ある程度観賞してからアラシゴトボックスにしまうんですけど(笑)
これはちょっと・・・正視できない感じが・・・
って思ってたんですけどね。


今日仕事のお昼休みに何気にツイッター見てたんです。

アクトミニのツイを見つけて読んでみると、
今回は「葉・草の向こうに咲く(ピンクの)花」っていうテーマで、“静かに優しく強く”を表情にしてもらったそうで。


そう言われてみると、確かにそうだな~
消えてなくなっちゃいそうな儚さの中にもなんだか意志を感じるもん。


つまりは大野さん自身が花という設定なので。最終カット時に「じゃあ最後なので咲き誇ってください!」ってお願いした所、「咲いた!」と言って両手万歳姿に


うん、愛が咲き誇ってるね
幸せが満ち溢れてる空間というか、なんていうか、天使?みたいなあったかい後光を感じる~~~(すでに重症サトシックなのですみません)
こんな天使が待っててくれるなら死んでも怖くない(落ち着け)


この両手万歳のカットが一番好きなんです

私、大野さんにはいつも笑っていてほしいんですよね、結局のところ(笑)

いやクールな写真も好きですけど、キメ顔してくれてる時より、自然に笑顔こぼれてるときとか照れてるときとか、素で真剣な表情してるときとか、そういう一瞬を切り取ってくれてる写真が一番好きなんですけど、

この万歳の写真、ちょっと照れながらすごくいい笑顔してくれてる~~
なんか、もう写真の中に飛び込みたい気分(病気すぎます)



テキストもね、よかったですよね♪

インタビューのなかで、死を考えることは生を考えることでもあるってありましたけど、確かにそうなんだろうな。
ゴールを意識すると、そこまでを逆算して今どうしようかって考えたりしますもんね。

そして死について、何度も考えたことがある大野さん。
死んで人はどうなる?とか、後に何が残る?何も残らない?ってことを以前から考えることがある。って。

ふんわりぽや~んと見せかけておいて、いつも頭の中はフル回転なんですよね。
深いなあ・・・

大野さんの内面は理解するにはあまりに深すぎて、まだまだ私には遥か彼方・・・輪郭さえ見えない感じです



私は幸いにも今まで死を意識するような状況には陥ってないけど、いつかはそういう日が来るわけで。

ある日突然ってことになるか、余命を宣告されるような状況でその日を迎えることになるのかわからないけど・・・

これからもいっぱい迷って失敗して痛い目にもあって生きていくでしょうけど、失敗しないことが大事なんじゃなくて精一杯やれたかどうかが大事だと思うから・・・
間違いも後悔ないと言えるくらいに生きられたらいいな、とは思ってはいます(笑)
実際は難しいんですけどね~(笑)


大野さんが言うように何かを感じられるように、サトシックには辛いドラマになりますけど心して受け止めたいなーと思います♪






・・・って、今これ書きながらしやがれの録画見てたんですけど、

おおお大野さん、ほ、細いよおお~~~~

顔の輪郭が別人(動揺)

元々小柄な体がますます小さくなっちゃってるし
最後、車のなかで目をつぶって、車の振動のなすがままに揺られてる姿がもう、耐えられない

うっそ、マジ大丈夫!!??
過去最高に痩せてるんじゃ・・・
心配だよお~~・・・








いつも応援ありがとうございます。更新の励みにしています(^^ゞ
ブログランキングならblogram


FC2Blog Ranking

にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

2 Comments

izumin says..."ピンクの花"
ひまわりさん、こんばんは~(^-^*)/

アクトミニの淡いピンク智さん、、素敵でしたね。
最後に咲き誇ったバンザイ姿…優しいオーラが溢れていました。
あの笑顔にどれだけ癒されるか。。。

死についてよく考える若い男性って・・
まあ、智さんは仙人だから、諸々を超越したところに存在するんだけど。
私も身近な方々の死もたくさん見てきたし、自分も大きな病気をしてもおかしくない年齢だから、いろいろ考えますが。。

でも、いつ死んでもいい…って考えられる智さんのレベルには、まだまだ届かない。邪念だらけの未熟者です。

しやがれの智さん。
痩せていっそう小さくなったお顔をして、眠そうに後部座席にちょこんと座っていた小さな智さんが可愛くて、
早く寝かせてあげて~って思っちゃいました。


静岡美術館行って来たんですね~。領サマも見上げた『地獄の門』
私も一度観たいと思いながら行けてないので、行ける状況になったらサトシックな方と行きたいなぁ~。
ひまわりさんがそれまで静岡にいらっしゃるといいな~と思いつつ。


フィルムフェスタ、話によると大爆笑らしいですね~
お話し聞かせていただけると嬉しいです(^_-)-☆


2013.08.04 23:03 | URL | #Y9Ux8gA6 [edit]
ひまわり says..."izuminさん、こんばんは~♪"
そうですよね、大野さんは仙人だから・・・
いつ死んでもいいなんて、そんなふうに思えるときが私に来るのかなあ~・・・

この記事を読んでから、じゃあ私はほかに何が達成されれば、いつ死んでもいいなんてそんな精神になれるんだろうって考えたりしてました。
今やりたいことをやり尽くせば満足感は得られるだろうけど、いつ死んでもいいなんて思えるほどの経験って想像つかないよ~(^_^;)

とりあえず今死んだら後悔だらけ。
まだ生大野さんの踊ってる姿見てないし!(そこかよ)

そうそう、静岡県立美術館、良かったですよ~♪
ここに大野さんが来られてたんだ~って思うと感慨深い(^^)
美術館の周りにも屋外展示のアートがいくつかあって、時間があったらゆっくり見て回りたかったんだけど・・・
ぜひお近くに来られる時にはお声をかけて下ったら嬉しいです(^^♪

フィルムフェスタのパンフの画像だけ見ちゃったんですけど、それだけでも爆笑でした(笑)
おおお大野さ・・・・・(絶句)みたいな(爆)
楽しみに行ってきます♪またレポしますね(^^)

2013.08.05 20:21 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bluemoon1126.blog.fc2.com/tb.php/200-e28e21e2
該当の記事は見つかりませんでした。