2013_03
31
(Sun)21:06

嵐の明日に架ける旅 第五夜&Enjoy更新♪

こんにちは!ひまわりです







本題の前にちょっとだけ。


J-Web、ごらんになったみなさん!

潤くんが、ようやく大野さんの自宅に入らせてもらったんですってね!

もう、これは大事件です!
ニノちゃんとごはんに行かない件と合わせてネタのようになってたのに!(これはもう破れてますけどね~笑)

潤くん、ずっと行きたい行きたいってアピールしてましたもんね~
こんなところで発表しちゃうなんて、相当嬉しかったんですよね~

アピールしてもしても振られ続けてる潤くんを、私、若干不憫に思ってたので(笑)、
今回、自分のことのように嬉しいです



でもね、大野さんが自分の家に人を入れたがらない理由、なんとなくわかる気はするんですけどね~
私もどっちかというとあんまり人を家に入れたがらない方なので。

自分の城というか、自分がありのままの状態で居られるとても大事な空間なので、
あんまりむやみには入ってきてほしくないなって思う部分があってね。

なんていうか・・・自分の大事にしてる心の奥底の部分に入って来られる感じがするというか。


だからそこに入れてもらえるってのは、相当選ばれた人だと思うんです。
よかったね~潤くん♪
・・・まあ、お泊りまでさせてもらっちゃってるシゲさんには負けてますけどね(笑)
次はぜひ、そこを目指して頑張ってください(笑)






ではでは本題の~


「嵐の明日に架ける旅~希望の種を探しに行こう~」 第五夜:二宮和也






今回、いつの間にか引き込まれてました。



郷土芸能「虎舞」
全く初めて聞く名前です。


「虎舞」の達人、岩間さん

やっぱり師匠が太鼓たたくと違うんですね!
私全く素人ですけど・・・同じ太鼓なのに、躍動感と感情が伝わってきたんですよね

動きもね!
学生さんが踊ってる時もすごい!って思ったけど、師匠がやるとなんだか虎に生命を感じるというか。
本当にこういう生き物がいるって感じ。

本物は違うんだな~
学生さんたちも感動してましたね♪





私自身は郷土芸能に関わることなく育ってきたので、正直、こういう郷土芸能にかける想い、
想像はするけど理解できるかな~・・・って思いながら今回見させてもらったんですけど、


自分が生まれ育った歴史と、郷土芸能っていうのが切り離せないほど密に関係してるから、
郷土芸能を盛り上げること=自分自身が生きる意味っていうくらい、大切なことになってるんでしょうね。



ある意味、そこまでかけられるものが傍にあって、教えてくれる環境が整ってて・・・ってうらやましいことだなってね、
初めは軽く考えながら見ちゃってました。



でも、そんな単純なことじゃないんですよね。
郷土芸能に取り組む若い世代の人たちの意識を聞いて、自分の軽さがちょっと恥ずかしくなりました。




自分たちのことを「復興世代」だって言う彼女たち・・・

自分たちがこの地元を盛り上げて行くべき世代だから、地元の為に何かしたい
だから今ここにいるっていう、その気持ち

自発的にそういう気持ちになってしまうくらいの、衝撃的な震災という出来事がどれだけ大きかったかってことですよね・・・



学生さんのお母さんのお話で。

一家で自分だけ生き残ってしまって、他の家族はみんな亡くなってしまった家もあるって・・・

「すっごい切ないのが、一軒で5人亡くなった家とかもあるんですよ。で、たった一人だけ残されて。
 そういうところで、5人亡くなった人たちの写真を飾ってろうそくたてて、お祭りが練り歩いて来るのを待ってる。」



そういう家庭がたくさんあるってことは、報道でもちろん知っていましたけど、

今回その光景を想像してみて、

 ・・・今は土台しか残っていない元の自宅だった場所で、
 おそらく昔は家族で笑いあいながら迎えたお祭りの行列を、今一人で待つ自分っていうあまりにも切ない光景 ・・・

自分の中で想像してみた時、そして自分がもし、写真を持って待っている立場だったらって想像した時、
初めて実感として感じたように思います。


ニュースとかで話される事実や映像ってのは事実なんだけど・・・
視聴者にももちろん情報として記録はされるけど、感情として記憶には残りづらいことありますよね。


それはある意味報道の限界なのかもしれないですけど・・・
このお母さんのお話は、私の中で記憶に残るものになりそうな気がします。


きっと、大好きな嵐さんを通じて感じたことだから・・・
余計に心に響いたのかな。


だとしたら、嵐さんのこういった番組はとっても意味があることなんじゃないかなって感じました。



郷土芸能には特に思い入れはない私ですが、
古くから伝わる芸能、守られてきた文化を今後も継承し続けることが、地元に立ち上げる目的と勇気を与えることになるのなら・・・
きっと守るべき価値のあるものだと思います。



こういう想いを持って生きている人たちが、今現在同じ日本にいる・・・
それが改めて感じられて本当に良かったです。

ニノちゃん、ありがとう~
初対面の方なのに、ここまで深いお話ができるのは・・・ニノちゃんのコミュニケーション能力の高さが素晴らしいです







あ~この5回シリーズ、終わっちゃいましたね~
もっといろんなお話を聞きたかったです~

最後の翔さんの締めのあいさつ、ちょっとマジで次に続くのか?って期待しちゃいますけど、いいんですか?(笑)











いつも応援ありがとうございます。更新の励みにしています(^^ゞ
ブログランキングならblogram


FC2Blog Ranking

にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト

C.O.M.M.E.N.T

同じです(^^;

はじめまして、ひまわりさん
最近お邪魔するようになりました、花っちゃと申します。
アラフィフのRain堕ちです。いきなり、どっぷり。
サトシックの傾向、まさにピッタリです!(お金を使えるというところだけ違いますが(^^;)
やっぱり、年上のファンが多いですよね。私の周りもそうです。
小学生・中学生の嵐ファンが智担ですというと「え?本当?」って思うくらい(笑)

TVカメラにあまり抜いてもらえないとか、悶々とすることが多いサトシックですけど、どんな時も応援していくゾ!という覚悟は最強だと思います^^
これからも一緒に応援させてください。どうぞ宜しく(*⌒∇⌒*)

2013/04/02 (Tue) 19:35 | 花っちゃ #Shn158LQ | URL | 編集 | 返信

花っちゃさん、はじめまして♪

はじめまして♪ご訪問いただいてありがとうございます(^^)
以前にも一度拍手コメ頂いてましたよね?お返事できなくて心残りだったので、今回お返事できてうれしいです(^^)/

サトシックの傾向、ピッタリでしたか~(^^)
共感していただけたみたいで嬉しいです(笑)
アイドルに縁のなかった人まで虜にしていく大野智、ホントに恐ろしい人ですね(爆)

花っちゃさんはRain堕ちなんですね~
私も歴代大野ソロ曲の中ではかなりの上位で好きな曲です(^^)
サトシックさんたちの中でもRain堕ちの人って結構多いように思います。永遠の人気曲になるんでしょうね♪

そうそう、たまに小中学生の智担の方をお見かけすると「え?ホントに?」って思います(笑)
いやいや、もしかしたらすっごく見る目ある子なのかもしれないんですけどね(笑)

いえいえ、私の方が新米サトシックだと思うので、こちらこそ宜しくお願い致します(^^)
一緒に応援させてください♪

ご訪問、ありがとうございました~(^^)/
宜しければまたいらしてくださいね♪

2013/04/02 (Tue) 21:39 | ひまわり #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック