2013_04
30
(Tue)00:02

Popcorn~Cosmos、そして・・・

こんばんは!ひまわりです




さらに連投すみません
これでPopcorn記事締めます・・・(ホントに?)




Cosnosについても語らないと終われないですね


これね、CDで聴いてた時はこんなに壮大でダイナミックな曲だと思ってなくって
(どうしてもサッカーのイメージが抜けなかったから 笑)
爽やか系な曲なのかな、と思いきや、もっと重厚でしたね

こういう世界観だったのかーと、改めてわかりました


イメージとしては・・・日没頃、火を囲んで神聖なお祭りを執り行ってるような?


2,3で分かれてそれぞれ全く別の振りをしてるのが静と動の対比でより強調されて、
曲の雰囲気にも合ってて、すっごく良かった~

さすが、大野さん・・・また惚れ直しますよ


振り付け師としてだけでなく、ダンスもね

ターンのキレ、軸の安定はもちろん言わずもがなだし・・・
どこを見てもいちいち美しくて、どれだけ見ても飽き足らないのは・・・もうどうしたらいいですか(爆)

Jr.の皆さんももはやバックダンサーではなく、この曲の重要な演出の一部になってましたよね



twoとUp to youと、Cosmosが、このDVDでの3大リピ曲ですね(笑)



あと付け加えるなら~スーパーフレッシュ!

「感謝をする時♪」の、胸に手を当ててぺこりってお辞儀するとこ、すごいかわいいですよね~

歩数とか考えるのに一人で会場で歩いて歩幅とか計ってみたのかな~と考えると、
すっごい覗き見したくなってきた(笑)

これですよね、確かずっと振りが決まらなかったけど・・・大野さんが朝起きてすぐに降りてきた振りって(笑)

大勢でやるからこそ生きる振りというか、この曲にすごく合ってる

派手な曲ではないし派手な演出でもないんだけど、この振り付けで私の中では確実に印象に残る曲になったな~





他にもね~

MCも面白かったし(ニノちゃんの相葉氏呼びに萌える 爆)
大野さんがアゴを出してなかった件もね(追い詰められて、初めはなんとか言い逃れようとしてたけど、言いわけを始めた大野さん(笑) さらに助けを求めるように翔さんを見たのがツボ 爆)


ぽぷこんまんのアニメが流れた時の、声のアテレコ、相葉ちゃんの声もすごく上手だったし♪
(やっぱりナレーションの仕事とかしてたからかなーすごく自然で良かった♪)


気球に乗ってぽぷこんまんが現れたとき、翔さんがあまりにも無表情だった件とか(爆)
(超絶無表情のままぽっぷこーんを結構激しく投げ入れてたのは演出なのかどうなのか気になる 笑)


気球の上からでもファンサにいそしむ大野さんが好きすぎる件とか


ニノちゃんのソロのとき、暗がりに大野さんが隠れて見てないか思わず探してしまった件とか(笑)
(サトシックあるある 笑)



あはは(笑)まとめて書いちゃってすみません








もっと語りたいけど、私もちょっと・・・
就活と自分を考える作業と並行して連投記事上げるのが疲れてきたので、そろそろこの辺で(笑)

(というか、お付き合いいただいた読者の方の方が確実に読み疲れていると思われる・・・
どうもスミマセン







いつも応援ありがとうございます。更新の励みにしています(^^ゞ
ブログランキングならblogram


FC2Blog Ranking

にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2013_04
29
(Mon)00:17

Popcorn~嵐さんありがとう~Up to you~

こんばんは!ひまわりです





連投すみません(笑)
今日は一日ぽっぷこん祭りを繰り広げると決めていたので、勢いに任せて書いちゃいます(笑)



先ほどはtwoの記事上げましたけど、全体的な感想を書きますとね、
ホントに幸福しか存在しない空間があの時あの場所にあったんだな、っていうのがすごく伝わってきました。


テーマが「POP」
とことんPOPを追求したこの舞台、いつも以上に5人が笑顔で弾けてて楽しそうだったのがすっごく嬉しかったです


回を重ねる度にファンはもっと上を!って求めるから、それ以上のものを提供しなきゃいけない。
そのプレッシャーの中、今回もまた期待の上を行くものを作り上げてくれた


嵐さん、ほんとにありがとう。

いつまでも新鮮さを失わず、多くのファンが浸ることができる幸せな空間をこれからも末永く味わえることを願って
私も精一杯応援していきます





今回の目玉の一つが、大野智振り付けってことだったと思うんですけど、
どれも素晴らしかったですよね

大野さんの嵐さんに対する愛がすごく感じられる振り付けでした



特にぎゅんってきたのが「Up to you」

もう、こんなにPOPな曲なのに、まだ1曲目なのに、うっかり泣きそうになるって何事(笑)

冒頭のね、5人縦に並んで腕をぐるぐる回す振り(表現 爆)
なんか・・・胸を掴まれるような、懐かしく切ない感じになっちゃってね~

あのぴったりタイミング揃った振りで5人の絆がより感じられたのかな~
ま、智担としては・・・大野さん先頭でリードしてる感がうれしいしね(笑)


Up to youの振りはね~もうどこがって、全部ツボなの

全部かわいくって

腰振り振りダンスもだし
随所で入ってくるお手手振り振りとかね


大野さんのソロ曲の振りつけと違うのは、嵐さんを大好きな事が溢れてる振り付けだなって感じたとこ
嵐さんを大好きな大野さんだからこその振り付けだな~って思ったの

ソロを歌うメンバーは前にでて、それ以外のメンバーは後で並んで踊ってるところとか

ニノちゃんの「その先へ~~」のソロのとこ
ちゃんとニノちゃんにスポットあたるように、ニノちゃん中心に広がるような振りだったし


それぞれスポットが当たるべき時にそのメンバーをちゃんと前に出す感じの振りがね、見ててとっても幸せだったんです


それからね、
「感じるままに踊るだけ」「増えて行くからやめられない」のハモリとか~
美しくて切なくて、なんでだかグッときちゃいます

なんでだろ?CDで聴いてた時はそこまで感じなかったのに~


そのあとの「何度も羽ばたく君ならfly~」で右手を振りきる振りとか、
「土砂降りのあとも心はfly~」の、大野ソロのバックで4名様がflyしてる振りとか

なんかもうすべてが、ああもう~~愛しすぎます


振りつけがね、その曲の世界観をちゃんと表現してくれてるから、
曲だけでは感じられなかったことがが視覚で感じられるようになって・・・

だからより感動があるのかな、なんて私なりに思ってみたりしてます



最後のね、「果てしなく勝った」振り(笑)
笑ったわ~(爆)

うん、ちゃんと果てしなく勝ってたよ(笑)
ニノちゃん、日頃から鍛えた演技力で演じてくれてありがとう~

相葉ちゃん、ちゃんとアゴ出してたね(笑)
大野さん、微妙にアゴ引っ込めたって後のMCで言ってたけど・・・ホント?映像では微妙過ぎてわからなかった(笑)



全体的に、大野さん振付の曲はJrさんたちにもスポットが当たりやすい作りになってたかな?
なんていうか、バックダンサーとしてじゃなく演出・演者の一人として扱っていた感じ?

Jr.さんのファンの方たちはこれも嬉しいポイントだったでしょうね


あとカメラさんもね~
客席とか時々ちらっと映してくれてたでしょ?

うちわの文字とか映してくれてたから、「あ~こんな感じの書いてるんだな~」とか思ったり、
お客さんの喜んでる顔とか映ってたから、後で見返して嵐さんも嬉しかったんじゃないかな




あ~Cosmosまで書ききれなかった

あほみたいに長文連投ですみませんが、あと1回で終わらせます(どんだけ凝縮させるんだ 笑)






いつも応援ありがとうございます。更新の励みにしています(^^ゞ
ブログランキングならblogram


FC2Blog Ranking

にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ
にほんブログ村

2013_04
28
(Sun)14:06

Popcorn~two~

こんにちは!ひまわりです






PopcornDVD、ようやく見ました!


オープニングから激しくやられました~~~
皆さんが口をそろえてUp to youから先に進めない~と言っておられた意味もわかりました


まずはキチンと、リピせず一回通り通して見たんですけど、

けど、なにはともあれまずは「two」について書かせてください







イントロで大野智の世界に引き込まれましたね~


今回は歌唱メインなので激しいダンスはなかったけど、

「ステレオから流れる~」のとこの片足ずつ膝で止めながらのステップとか、あまりにも滑らかで艶めかしくて・・・


リズムで刻んでないんですよね。
振り付けを踊っているっていう感じではなくて、その曲を音楽を、感じたそのままに体が動いてる感じかな。



その感性はもしかしたら大野さんの持って生まれた天性のもので、
それがあっての大野智なんでしょうけど、

感じたままに体を動かしていても常に美しく魅せるダンスですし、
それも曲によって儚げであったり切なげであったり、攻めてきたり等・・・表情を変えてくるのは、

大野さんが今までにダンスを体にしみこませるまで、自分で納得がいくまで踊り込んできた経験があってのことなんだろうな・・・と思うと、

改めて大野さんの今までに通ってきた道を想います。


特に今回嵐の曲も振り付けしてますからそちらも比較してみると、
改めて表現の幅の多才さを思いますね・・・





「I need you I need you・・・」のところで一瞬見せる、切ない表情とか・・・

「I love you I love you・・・」のところで腰から上半身をくねらせながら横に動いていくところ、
もう滑らか過ぎてため息しか出ません・・・



「愛しさが溢れてく 震えるほど--」

歓声ともため息ともとれる声が会場に響く
CD聴いてた時もそうだけど、思わず息詰めて聴き入ってしまうんですよね。

ビブラート使ってないのにこんなにまっすぐで伸びやかな声聴かされたら、息止まりますって(笑)








いつのソロでも、ですけど・・・
大野さんは、自分しか存在しない空間をそこに作り上げてしまいますから・・・。


そこには歌い、踊る自身しか存在しなくて。
会場にいるはずの観客さえ、その空間には入ってこれない。

私たちは・・・歌い踊る姿をありがたく見させていただいてる存在にすぎない。



そんなふうに感じてます。





過剰な演出も派手な衣装も、何も必要ないですよね、この方には。

自身の体一つでここまで人を感動させることができる。


職業はアイドルかもしれないけど・・・この人の内面は紛れもなくアーティスト、表現者。



ここまで歌唱に重点を置いた大野ソロは珍しいですけど、
歌唱メインでここまで感動させる実力と、

それでも何気ない足さばき、目線、表情、手で表現されるもの・・・すべてに心を奪われてしまって・・・



ファンとして応援できて良かった、幸せだなって心から思います。



今回ね、自分もその場で見たかった、会いたかったっていう気持ちはもちろんなんですけど、

大野さんや嵐さんが、こんなにもたくさんの人たちに愛されていることを嬉しく思う自分がいたし、
そんな大野さんを応援できていることを誇りに思う自分に気づきましたね(笑)



なんか・・・ファンとしてひと山越えたかもしれません(笑)




あ~・・・1曲でずいぶん語ってしまいましたけど(笑)
また時間があれば、他のツボポイントについても語りたいと思いまーす♪







いつも応援ありがとうございます。更新の励みにしています(^^ゞ
ブログランキングならblogram


FC2Blog Ranking

にほんブログ村 芸能ブログ 嵐へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。