2012_12
29
(Sat)12:41

アラフェスDVD感想③

こんにちは!ひまわりです





長くなってしまってすみません
感想の続き行きます~~





「時計じかけのアンブレラ」

大野さん振付のこの曲。
もともと曲自体もすごく好きで。

マイガールのカップリングですよね?
「0号室の客」の主題歌でもあったこの曲・・・ドラマを見たときから、大野さんの演技に心奪われると同時に、この曲、すっごくいい!って注目してました。

タンゴ調でミステリアスな世界観で且つラブソング、大野さんには珍しい「俺」呼び・・・もう大好物です(笑)


シングルカットされても全然不思議でないくらいのこの曲が、なぜカップリングなんだろうってずっと不思議でした。


今回初めて日の目を見たというか・・・DVDに収録されたことがすごくうれしい
しかも、大好きな大野さんの手による振り付けで!



全体的に・・・大野さんが自分で言ってた通り、細かいね(笑)
一つの動きの中に細かい振りが3つくらい入ってるときあるし。
これまた大野さん独特の、センスがないと踊りきれない、魅せきれない振り付けで・・・

それに多分、闘牛士をイメージしてますよね、この振り付けは。
ちょっとした一瞬の振り付けに、そのイメージが浮かびます。

うん、すごくカッコイイ
はああ~もう、私の好きな世界を全部詰め込んでくれてる感じです

時計の刻みをイメージしたのかな?
そういう秒刻みのイメージのステップとか振り付けが、この曲にすごくよく合ってる

最初の、刻みながら横にステップ踏んで移動していくところ・・・

顔は左斜め上、手は右斜め下に流す振りの色っぽさ・・・

自分の文才のなさが嫌になりますが、ほんと素敵な曲に仕上げてくれてありがとうございます、大野さん





「One Love」

One Love自体はね、しょっちゅう聞く曲だし、嫌いではないけど改めて聞かなくても・・・って思ってたの。
でも、このオーケストラバージョンは・・・圧巻でした

白い羽を纏ったかのような衣装・・・まさしく天使

その姿で100年の愛を歌いあげられるなんて・・・

もともとウェディングソングではあるけど、これ、最高のウェディングソングじゃないですか!?

結婚式でこれ流したら、間違いなく感動の嵐になるでしょうね
誰か・・・やってくれたらうれしいのにな・・・





そしてここからの流れで・・・

「truth」

鳥肌立ちました

この曲自体が、私のアラシック、サトシックへの道を語るのには欠かせない曲で(詳しくは「大野さんに堕ちた日」を参照~)

私、元々クラシック音楽は結構好きで、クラシックのコンサートも好きなんです。
高いからなかなか行けないけど、行けるものならいろいろ聞きに行きたいと常々思ってます。

だから・・・生オーケストラの迫力ある音に、大好きな「truth」のコラボなんてもう・・・泣きそうでした。


曲のアレンジが本当に素晴らしかった。

原曲が黒と赤のイメージなら、このオーケストラバージョンは白、のイメージ

復讐と憎しみ、痛み、悲しみ・・・などが連想される原曲と違って、
それらをすべて理解しながら赦し、昇華させてくれるイメージがこのオーケストラバージョンかな、と勝手に感じてます。



白い羽を纏ったかのような衣装が、ターンするたびにふわっと広がって・・・本当に天使みたい

そのターンも、大野さんの軸のぶれない美しさは際立っていましたし、
間奏部分の両手片足あげて一瞬ポーズを維持してからしゃがむ振りの時、

大野さんは、ホント一瞬、ピタッと形を完全に決めてからしゃがむんです。

あまりにキレがよくて、簡単にできることなのか!?と錯覚しそうですが、簡単でないことはよく見ればわかってきて・・・


もうなんて表現していいのか・・・神々しささえ感じました




どなたがアレンジされたのかわかりませんが・・・この曲を世に生み出してくださったこと、本当にありがとうございます



これ、音源だけで欲しいです
そう思ってる方は私だけではないと思うんです。


なんとかならないのかなあ・・・









成瀬さんの魂、この曲で昇華されたかな・・・なんて、ふと魔王を振り返って想いながら・・・今もDVDを繰り返して流してます。












この記事を書くのに、DVDを何度もリピして改めて思ったこと。

嵐さん5人の魅力がとっても詰まっていた、ステキなDVDでした。
私にとって大野さんが一番、なのは変わりないですが・・・他の4人さんのことも、今までも好きでしたがより好きになりました

今までどちらかというと、ライブDVDってライブの記録をしているもの、という感覚で見ていた私。

このアラフェスDVDは一つの作品として、若輩者がおこがましいですが・・・すごく素敵なものに仕上がっているように思います。

感動を呼ぶオープニング、映像と音楽の組み合わせ、臨場感あふれる編集、ファン投票に寄る選曲、ほとんどどの曲にも演出面での挑戦が感じられ・・・

嵐さんとお客さんの一体感も、その盛り上がりも、もうすべてが。

その場にいなかった私も感動を味わえるような、そんな素敵なDVDでした。


これから、おすすめのライブDVDは?と聞かれたら、間違いなく「アラフェスDVD」と答えますね、私






ああ、もっといろいろ書きたかったけど・・・もう止まらなくなるのでこの辺で一区切りさせてもらいます(笑)


また落ち着いたら・・・何かの機会にふと書くかもね♪




ここまで読んでいただいた方、長々とお付き合いいただいてありがとうございました





スポンサーサイト
2012_12
28
(Fri)19:18

アラフェスDVD感想①

こんばんは!ひまわりです




アラフェスDVD、もう何回リピしたことか(爆)

今回の、いったん終了してもほっておいたらまた自動的に最初に戻ってリピされるじゃない?
リピされちゃったら…自動的にまた見ちゃうよねえ~(笑)
なんか一日中アラフェス祭り(笑)

ああ、、もう何から書こう~~~




このアラフェスDVD・・・全体的にカメラワークというか、編集というか、すっごくよくなかったですか!?

凄腕のカメラマンさんを雇ったの?腕利きの編集さんが入社したの?

見たい嵐さんが映ってないとか、引きがほしいところがバストアップだったりってことがほとんどなくて、
今までのライブDVDの中でも一番の満足度かも
スタッフさん、ありがとうございます



いろいろ語りたいけど話が長くなりすぎるから・・・私が途中激リピしちゃってるものだけ語っていいですか?




「Love Situation」

あの4分割画面!
あんなことできるんだ~~

2人と3人で別れて、それぞれで全く別々の動きしてるからね♪
今までだとどっちかしか見れなかったところが、両方を画面で同時に見られるって画期的!
ファンの声を聞いてくれてるんだなってほんとうれしいです~
ありがとうございます

私ね、この曲が先輩ファンの方々の中ですっごく人気があるって聞いてはいたんだけど、なんでだろう?って思ってたの。大野さんの疑問と同じ状態(笑)

でも、その疑問が解けたよ~

すっごく振りがカワイイね~
胸の前で手でハート作ったり、投げキスしたり、頭の横に手を持ってきてイヤイヤしたり(萌)
踊り疲れてへたり込んでるニノちゃんがツボ(爆)

でもダンス激しめだし、アクロバティックな動きもあり~
潤君と組んで座った状態からの側転、超カッコよかった~~  




「Shake it!」

いや~~腰!腰!腰!~~~
エロい~~エロすぎる~~~
もう、エロい~~~のセリフしかでてきません、私(爆)


でもねそのエロさの中にも、やっぱり大野さんの動きの美しさは際立ってたな~

キレイというより美しいって言葉が似合うかな
特に足さばきね!
ちょっとした角度とかなんだろうけど、終盤近くの右ひざ下からを跳ね上げながら左に2ステップ進む振りのところ・・・
超美しかったです


松潤の曲だから松潤メインで映るのは仕方ないんだけど、その中で大野さんの姿を探して追うのに大変でした(笑)


でもね、腰くいくいとか、ぐいんぐいんって回すのは、さすが松本潤!って感じで、松潤の腰に目が釘付けでした(爆)
腰部分は別の生きものか!?っていうくらいぐいんぐいんしてたんだもん~~(爆)

で、大野さんの腰振りは、もっとつつましやかで、清楚な雰囲気も交えつつなエロさ(爆)
どっちも捨てがたい~~

これ、映像でみてもこの破壊力なのに、肉眼で生で見た方たち・・・無事に生還できたんでしょうか(爆)







まだ長くなりそうなので、一旦切ります(笑)

続きはまた後で~




2012_12
27
(Thu)10:21

いっぱいの愛をありがとう

こんにちは!ひまわりです




昨日仕事から帰って、雑用片付けて、テレビの前に陣取ってアラフェス観賞はじめました。


そんなわけで以下↓ネタばれなので要注意~~♪




















モニターにアニメが出てきて。


アラフェスの曲を一生懸命考えて投票する女の子、

当日着て行く服を選ぶ女の子、

家を出て国立に向かう女の子、

そして国立に到着して、それが今ここにいるみんななんだよ・・・

っていうアニメが流れて。



アラフェスカラーのオレンジと、メンバーカラーの5色の風船が空を舞い、

お客さんたちの盛り上がりの空気感が伝わって

なんだか・・・その時点で感極まってしまった私。




初めてライブDVDを見て涙するという事態を経験しました。









いや、嵐さんのライブDVDは現在手に入るものの8割は持ってると思いますけど、見て泣いたことはなかった。




ここで文章にするのってすっごく難しいんですけど、
なんていうんだろう?




昨年のBWのDVDを見た時より私のアラシック度が増しているからなのか。

オープニングからもう、私も一緒に参加させてもらってるような気分に近いノリで見入ってました。

観賞、ではなく、参加、っていう気持ち。



だからこそ、アラフェスの投票を真剣に悩んで考えてた気持ちとか。

もし参加出来ていたらきっと、何着て行こうか真剣に悩んだとも思うし。

当日までワクワク感ハンパなかったとも思うし。

そういう気持ちを想像してしまって。



このDVDに映っているお客さんたちみんな(←じゃないかもしれないけど・・・そう思いたい)、そういう気持ちを抱えてここに来ている方々なんだ、って思うと

参加出来て良かったねえ~~

って素直に思えました。


自分がのめり込んで見入ってたから、お客さんに自分を投影しちゃってたんでしょうね(笑)






新米アラシックの私がいろいろ語るのはおこがましいのですが・・・あまりにも素晴らしいコンサートでした。

参加できなかったファンにも最大限、よい形で届けようとしてくれてる気持ちもすごく伝わってきて。

すっごく幸せでした






実感したのが、嵐のライブはお客さんも参加して作り上げるものなんだっていうこと。



今までもいろんな場面で嵐さん、そういって下さってましたよね。

言葉としては聞いていたことだけど、まだライブに行ったことがない身としては実感したことがなくって。


でもこのアラフェス、DVDで見る限りはほんとに嵐さんとお客さんの距離が近く感じられて、

一緒に盛り上がり、一緒に笑い、一緒に楽しむっていう、そういう空間が確かにその時そこにあったんだなって。


その時その場所でしか存在しなかった夢の空間をこうやって残してくれることによって、

あとになっても思い出の余韻を味わうことができるし、参加できなかった人も体験することができる。

ほんとにありがたいことだなって





今、このDVD観終わっての感想。

一言で言うと、



今まで見てきたライブDVDの中で、嵐さんを一番近くに感じられて・・・

嵐さんの愛、ファンを想ってくれる気持ち、すっごく伝わってきました。

感謝の気持ちを込めて、ファンの子に今までよりもっと楽しんでもらいたい、喜んでもらいたい。っていう気持ち。

いろんな場面で愛が溢れてました。





ありがとう

大好き



もう、一生ついていくしかないでしょ(笑)って思わせられちゃった






細かい感想はまたおいおい上げようと思いますが、取り急ぎ今の感動を書いておきたくて(笑)




しかし、本編がまだ始まってもないのに泣く私って何者(爆)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。